Assemblaで無料のSubversionサービスを使う方法

世の中には、バージョン管理というものがあり、ファイルの集合について、「いつ」「誰が」「何の目的で」ファイルを更新したのか、その実態を含めて管理する仕組みがあります。

プログラマーの世界では、常識的に使用されていますが、Webの業界でも一部使用されています。

元々は、テキスト形式のソースファイルを管理するためのものですが、バイナリ形式のファイルも管理可能です。

CVS→Subversion→GIT、といろいろ進化してきていますが、現在普及しているSubversionを簡単に無料で使う方法をご説明します。

Subversionは、差分だけを管理するので、領域もさほど食いません。

このSubversionは、通常サーバへインストールして、ApacheなどのHTTPサーバを経由して使用したり、SVN+SSHでアクセスしたりします。

サーバへのアクセスは、閲覧のみであればブラウザからも可能です。

一般的には、クライアントソフトか、コマンドラインから、サーバへ接続して、コマンドを実行して利用します。

このSubversionを、無料でサービスしているところがありますので、ご紹介します。

Assembla

手順書を作成したので、どうぞご自由に使ってください。

AssemblaSVN.pdf
(リンクをクリックすると、PDFが表示されます)

2011/6/24現在、リポジトリあたり1GBのエリアまで無料で使用できるようです。

(Visited 753 times, 2 visits today)